イルカと泳ごう!御蔵島でドルフィンスイム

イルカ

東京から南へ200㎞ほどに位置する、御蔵島をご存じでしょうか?

伊豆七島のひとつで、野生イルカの生息地であり、ドルフィンスイムツアーに参加するとイルカと一緒に泳ぐことができるのです。

御蔵島へは東京竹芝桟橋から大型客船で約7時間半、生い茂る原生林や流れ落ちる滝が秘境を思わせる幻想的な東京都の島です。

約120頭もの野生イルカ(ミナミハンドウイルカ)が棲息する御蔵島は、毎年多くのイルカ好きなスノーケラーやスキンダイバーたちが、野生のイルカたちとドルフィンスイムを楽しむために集まってきます。

御蔵島では、海況が凪いでいればほぼ100%、野生のイルカと泳ぐことができると言われています。

野生のイルカと泳ぐことができるなんて、感動の体験ですね。

泳ぎが苦手な方でも、しっかり練習してスノーケリングやスキンダイビングができるようになれば、野生イルカたちとドルフィンスイムを楽しむことができるそうです。

他にも、御蔵島には伊豆七島の中で2番目に標高が高い御山(851m)や日本一大きなスダジイの巨樹などもありますので、トレッキングもおすすめです。

御蔵島には、島特有の自然が守られていますので、ほとんどのコースでガイドさんの同行が必要となっていますので観光案内所で相談してみましょう。

御蔵島には宿が7件と村営のバンガローが6棟あるだけとなっているため、宿の予約がない場合は上陸できませんので、必ずあらかじめ宿の予約をしてからお出かけください。

また島全域が国立公園で保護区に指定されているので、野宿はできません。

野生のイルカと泳ぐ至福の時間を堪能しに、御蔵島へお出かけになってみてはいかがでしょうか。

【御蔵島】

 

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

 

関連記事

  1. フリーきっぷ

    電車乗り放題!フリー切符で東京を巡ろう

  2. 黒部

    峡谷の絶景を望むトロッコ列車に乗って、宇奈月温泉へ

  3. きのこ

    雨の日でも安心、メルヘンな世界が広がる「きのこ博士館」

  4. ホタルイカ

    春の風物詩!ホタルイカ海上観光で、幻想的な光の群れを観に行きませんか?

  5. 廃線

    大人のロマン「廃線歩き」古き良き時代に思いを馳せる

  6. ねぎそば

    茅葺宿の民家が並ぶ宿場町「大内宿」で江戸時代の旅人気分を味わおう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。