流氷はどこから来るのか

流氷

1月31日、網走地方気象台で、網走の陸地からオホーツク海の流氷が肉眼で見える「流氷接岸初日」を観測しました。

網走沖約2キロ付近では、幅1キロ弱とみられる真っ白な流氷帯が海を覆いつくし、雄大な景色がみられています。

そもそも、流氷とはどこから来るのでしょうか。

一般的に海に浮いた氷を「流氷」と呼んでいますが、海水が凍った「海氷」と、流れてきた流氷が混合した流氷が
オホーツク海北西部のシベリア沿岸でできます。

そして強い北西の季節風と東カラフト海流に乗って、成長しながらゆっくりとオホーツク海を南下します。
それが、1月下旬~2月上旬に北海道のオホーツク沿岸へとたどり着きます。

オホーツク海は流氷が来ると漁業はいったんお休みになりますが、流氷の下にはアイスアルジーという大量な量と
種類のプランクトンが活動しており、流氷の天使といわれるクリオネもそのひとつです。

プランクトンを追って、還流系の魚たちも大挙して押し寄せることから、オホーツク海の豊富な魚介類の資源がここから
生まれているともいえます。
春になるとこのプランクトンが一気に増えて、良質な餌となり、流氷がなくなると「海明け」宣言がなされて漁業が
再開されるのです。

流氷を観てみたいという方は、北見枝幸、紋別、網走、知床などで見られることが多く、紋別や網走などでは、砕氷船による
流氷観光もできます。

また流氷ウォークやダイビングなど、さまざまな冬のイベントも開かれますので、ぜひ流氷見物にお出かけください。

#流氷 #北海道 #シベリア #流氷見物 #オホーツク海

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

関連記事

  1. 空港

    成田空港の展望デッキで飛行機写真を撮ろう!

  2. ハザ木

    ノスタルジックな日本の原風景「夏井のハザ木」

  3. 京都

    3密を避けた京都観光ガイド

  4. 河口湖

    富士の麓でラベンダーが咲き誇る「河口湖ハーブフェスティバル」

  5. 鎌倉アルプス

    鎌倉で山デビュー!鎌倉アルプスを登ろう

  6. そば打ち体験ができる道の駅「たくみの里」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。