ひんやり、氷の洞窟「鳴沢氷穴」でプチ探検気分を味わう

鳴沢氷穴

青木ヶ原樹海の東の入り口に位置する「鳴沢氷穴」は、溶岩が流れ出た後にできた空洞で、全長153mの溶岩洞窟です。

自然の起伏に富んだ竪穴式洞窟は、富岳風穴と並ぶ富士山麓の代表的な溶岩洞窟のひとつで、国の天然記念物に指定されています。

今から1150年以上前の貞観6年(864年)富士山の側火山長尾山の噴火の際、古い寄生火山の間を灼熱に焼けた溶岩流が流れ下ってできたのが、この二つのトンネル式になった洞窟です。

樹海の中の洞窟は玄武岩で形成され、標高1000mという場所と樹海の中という場所であるため、内部の平均気温は3度しかありません。

一年中氷に覆われていることから、鳴沢氷穴という名前がつけられたそうです。

天井から滴る水滴が凍ってできた氷柱や、氷の池、氷の壁など、夏でもひんやりとしていて、涼を感じることのできる観光スポットです。

内部はライトアップされていて、幻想的な雰囲気が漂っています。

洞窟内は環状になっており、幅1.5m~11m、高さ1m3.6mで、一周約15分で回ることができますので、探検気分で洞窟内を楽しむことができますよ。

夏はぜひとも訪れてほしいひんやりスポットです。

【鳴沢氷穴】

 

 

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

関連記事

  1. 出雲

    神々が集う、日本一の縁結びの聖地「出雲大社」

  2. 冬の花火

    冬の花火

  3. 青島

    島全体がパワースポット!海の絶景「青島温泉」

  4. ねぎそば

    茅葺宿の民家が並ぶ宿場町「大内宿」で江戸時代の旅人気分を味わおう

  5. 黒酢

    春の風物詩、鹿児島の壷造り「黒酢の春仕込み」

  6. 図書館

    あの有名建築家が設計した「ゆすはら雲の上の図書館」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。