五感で感じる旅をしよう!東洋のガラパゴス「奄美大島」

奄美大島

近年、「世界自然遺産」候補予定地として注目を集めている「奄美大島」

鹿児島県にある奄美大島は、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島からなる島々です。

世界遺産クラスの大自然が今もなお残り、国内最大希望の亜熱帯照葉樹の森に覆われ、奄美独自の自然や生態系から東洋のガラパゴスと呼ばれています。

山間部には、アマミクロウサギやアマミトゲネズミなど、固有種や絶滅危惧種が多く存在しています。

「癒しの島」与論島には、大潮の干潮時にしか見られない「百合ヶ浜」が出現します。

白い砂とサンゴ礁に囲まれた、言葉を失うほど美しい景色です。

また、海だけでなく日本で二番目の規模を誇るマングローブの原生林が広がる「黒潮の森マングローブパーク」では、カヌーでマングローブの森を巡るツアーを体験することができます。

展望台から眺めるマングローブ林の眺めは、ここでしか見られない絶景です。

奄美大島には、南の島らしい独特な文化が根づいています。

食は、牛肉を使う料理よりも豚肉や鶏肉、ヤギ肉を使った郷土料理が多いのが特徴で、鶏肉や錦糸卵、しいたけなどの具材をごはんに乗せ、丸鶏を煮込んで作ったスープをかけていただく鶏飯は奄美大島の郷土料理です。

また、奄美大島といえば、世界三大織物の一つと言われる「大島紬」の発症の地です。

複雑な工程を経て作られた紬は、緻密で肌触りがよく、着物好きな人にとっては憧れの存在です。

ここに記載したのは奄美大島の観光スポットのほんのごく一部で、これ以外にもぜひ訪れてほしいところがたくさんあります。

ぜひ、奄美大島の海や森や島の文化に触れに行ってみてください。

【のんびり奄美】

【黒潮の森マングローブパーク】

 

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

 

関連記事

  1. 千枚田

    日本一美しい棚田「丸山千枚田」守られ受け継がれる日本の原風景

  2. ホタルイカ

    春の風物詩!ホタルイカ海上観光で、幻想的な光の群れを観に行きませんか?

  3. めだか

    希少種大集合!めだか水族館が愛媛に誕生

  4. 伊豆大島

    伊豆大島、絶景三原山を望む露天風呂

  5. 蔵王

    エメラルドグリーンの火口湖「蔵王・お釜」

  6. 冬の風物詩「白鳥」を見に行こう

    冬の風物詩「白鳥」を見に行こう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。