京都の夕景スポットで心をリフレッシュ。常世の浜の魅力

京丹後市の「夕日ヶ浦」は、その名の通り夕日の名所で、丹後を代表する美しい夕景は旅人の心を癒してくれます。

太陽が夕日に変わる少し前には、海面に映る黄金色の照り返しがまるで美しい鏡のよう。この景色こそ、別名「常世の浜」とも呼ばれるゆえんでしょう。

日本の夕日百選にも選ばれた夕日ヶ浦には、春から秋にかけてビーチブランコ「ゆらり」が現れ、フォトジェニックスポットとして大人気なのです。

白い砂浜に立つ、流木でできたブランコはとてもロマンティックで、ここから眺める夕日が絶景です。

若いカップルや家族連れ、ペットと一緒に、おじいちゃんとおばあちゃんと、など、さまざまな人たちが並んで写真を撮っていきます。

青い海と白い砂浜をバックにブランコに乗るのも素敵ですが、写真に撮るならおすすめはやっぱり夕日が沈む頃です。

浜辺に沿ってのびる散策路「夕日の路」にはベンチが並び、ゆっくりと夕日を楽しむことできます。

このほか、夕日ヶ浦木津温泉駅のホームにある源泉かけ流しの冷たい足湯や、蟹の町ならではの「かにかに神社」など、周辺には観光で訪れたい場所がいっぱいです。

 

 

関連記事

  1. 茶臼岳

    これぞ絶景!那須ロープウェイで那須高原を空中散歩

  2. 波の花

    厳冬の海でしか出会えない、波の花

  3. 千枚田

    日本一美しい棚田「丸山千枚田」守られ受け継がれる日本の原風景

  4. メタセコイア

    美しすぎる感動のドライブルート マキノ高原のメタセコイア並木道

  5. 灯台

    日本全国の登れる灯台16基

  6. 芝桜

    見渡す限り一面がピンク色に染まる「富士芝桜まつり」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。