予約が取れない大人気のキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」

北軽井沢スウィートグラス

日経プラスワン「家族で冬キャンプ」ランキングで、東日本1位に輝いたことがある人気のキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」

北陸新幹線も停車するJR軽井沢駅から車で約40分。

北軽井沢スウィートグラスは、標高1100メートルに位置し、浅間山の裾野に広がる大自然に佇む日本有数のキャンプ場です。

森や草原、小川を抱く3万坪の広大な敷地に、自然と調和してツリーハウスやコテージが建ち並び、自然を最大限楽しみつつ、快適に過ごすことができます。

週末ともなれば、100を超えるカラフルなテントが立ちあがり、ビレッジを形成します。

テントサイトは「木立エリア」、「林間エリア」、「大空エリア」、「目的別エリア」、「陽だまりエリア」と、ファミリー、グループ、ソロ、犬連れ、スタイルに合わせたサイトを選んでキャンプを楽しめます。

テント泊に自信がないという人にも対応しており、「コテージ12種類、キャビン15種類」と豊富で全棟に薪(まき)ストーブが標準装備され、宿泊日数分の薪が付いているのも魅力です。

キャビンはツリーハウスタイプや、天窓付きで星空を楽しめるタイプなど、バリエーションが豊富です。

ワンちゃんOKのキャビンやドッグランもあるので、愛犬と一緒に楽しむこともできますよ!

施設内には、体の芯から温まる柔らかなお湯が自慢の「薪焚の湯」(まきたきのゆ)があり、お湯はりから掃除までを利用者が行うセルフ式になっています。

季節ごとにさまざまなイベントも用意されているので、季節ごとに何度訪れても楽しめるのも魅力ですね。

都会の喧騒から離れ、森の中でハンモックに揺られて過ごす贅沢な時間を過ごしに出かけてみませんか?

北軽井沢スウィートグラス

 

 

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません。

関連記事

  1. ペンギン

    世界でいちばんペンギンに会える水族館

  2. アウトレット

    標高1,000mにある、絶好のロケーション「八ヶ岳リゾートアウトレット」

  3. シードル

    2021年のトレンドになるか?次なるお酒はシードル

  4. ウポポイでアイヌの歴史を知る

    ウポポイでアイヌの歴史を知る

  5. バンジー

    高さ日本一!215mの谷底へバンジージャンプ

  6. 富士山

    2年ぶりに開山!「富士山」登山の楽しみ方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。