そば打ち体験ができる道の駅「たくみの里」

群馬県みなかみ町にある道の駅「たくみの里」は、東京ドーム約80個分の敷地を有する「里山のテーマパーク」です。

東京ドーム約70個分にわたる集落には昔ながらの手法をそのままに木工、竹細工、和紙などの手作り体験ができるたくみの家が点在しています。

四季折々に移り変わる農村の原風景の中で、それぞれのたくみの家に立ち寄って手づくりの工芸体験やそば打ち体験、フルーツ狩りなどが楽しめます。

その中にある豊楽館には、物産販売コーナーや食堂、休憩コーナーの他に、みなかみ産のそば粉を使った本格的な「そば打ち」体験コーナーがあるので、自分で打ったソバをその場で食べることができます。

こねる、打つ、切るといったソバ打ちの基本を丁寧に教えてくれるので、初めての方でも安心しておいしいソバを作ることができます。

自分で打ったソバの味は格別ですね。

ソバ打ちの他にも、地元産こんにゃく芋を使って、手作りこんにゃくの体験もできます。

味がしみやすい新鮮なこんにゃくはお土産にもぴったりですね。

道の駅たくみの里で、地元産の農産加工品やお土産を買うもよし、手作りソバ打ち体験の思い出もいいお土産になりますね。

たくみの里の玄関口に位置する道の駅の総合案内所では、ガイドマップや観光ガイドが揃っていますのでガイドを片手にお好きな手作り体験をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 熊野古道

    世界遺産「熊野古道」の魅力とは?スピリチュアルの旅でパワーをもらおう

  2. モネの池

    まるで絵画の世界!名もなき池「モネの池」

  3. 北軽井沢スウィートグラス

    予約が取れない大人気のキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」

  4. 袋田の滝

    日本三大名瀑・袋田の滝の目の前に湧く古湯「袋田温泉」

  5. ダム

    ダムを見に行こう!

  6. 千枚田

    日本一美しい棚田「丸山千枚田」守られ受け継がれる日本の原風景

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。