温泉水を飲むと身体にいい理由

飲泉

温泉は入浴だけでなく、飲むことができるということをご存じでしょうか?

温泉を飲むことを飲泉といい、ヨーロッパ諸国では古く、ギリシアローマ時代から飲泉の習慣があると言われています。

日本ではすべての温泉が飲泉に適しているわけではなく、都道府県が検査を行い「飲用許可」が出た温泉だけが飲めることになっています。

飲泉には、温泉が胃腸や肝臓などの局所に作用する効果と、入浴と同じように全身に作用する効果があります。

温泉にはそれぞれ多く含まれる成分により、泉質固有の「適応症」があります。
では入浴と飲泉の効果についてご説明していきます。

塩化物泉
皮膚に塩分が付着し、保湿保温効果があります。飲泉には、ナトリウムイオンが脳のホルモンを刺激し、女性ホルモンのエストロゲンを上昇させる効果がありますので、女性の更年期障害にも有効です。

炭酸水素塩泉
皮膚の角質を軟化する作用があり、肌を滑らかにすることから美肌の湯と言われています。飲泉には慢性胃炎や糖尿病などの効果があります。

二酸化炭素泉
炭酸ガスが皮膚から吸収され、気泡の刺激で血管が拡張し、血行がよくなり血圧を下げる効果があります。飲泉には慢性便秘や慢性消化器病に効果があります。

硫酸塩泉
血行をよくし、保温効果も大きく冷え性の改善や切り傷の治癒を促進します。
飲泉には、胆のうを収縮させ、腸のぜんどう運動を活発化させ、慢性消化器疾患や痛風、胆石症に有効です。

酸性泉
肌や目にしみる強い刺激のある泉質で、殺菌力が高く、アトピー性皮膚炎に効果があります。飲泉には、酸味がありますが、慢性便秘や慢性消化器疾患に有効です。

硫黄泉
硫化水素ガス特有の古い卵のような臭いがする泉質で、表皮の殺菌やアトピー性皮膚炎の原因物質を取り除く役割があります。飲泉には、慢性便秘、糖尿病、高コレステロール血症に効果があります。

入浴に加えて、飲泉可能な温泉で免疫力を高め、バランスのいい体づくりをしましょう。

なお、基礎疾患がある方は飲んではいけない場合もあるので、必ず宿の人に確認してみましょう。

#飲泉 #温泉 #飲む温泉 #薬効 #湯治

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

関連記事

  1. 温泉

    温泉総選挙2020発表!

  2. 鯉のぼり

    川の上を泳ぐ姿が圧巻!熊本「杖立温泉鯉のぼり祭」

  3. 八ヶ岳

    明治時代から続く、八ヶ岳の秘湯「稲子湯」

  4. 砂むし風呂

    波打ち際で砂むし風呂を楽しもう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。