県民のソウルフード「徳島ラーメン」ってどんな味?

徳島ラーメン

徳島県といえば、阿波踊りや鳴門の渦潮が有名ですが、最近では「徳島ラーメン」の注目度が高くなっています。

徳島ラーメンは、元来「中華そば」「支那そば」と呼ばれ、戦後の屋台で出されていた白濁系スープのラーメンがルーツとされています。

現在では、「白系」「黄系」「茶系」の3種類に分けられるスープの色の違いに特徴があります。

「白系」豚骨スープで見た目が白く、あっさりしているスープ
「黄系」鶏ガラや野菜などを使用したマイルドなスープ
「茶系」甘辛い豚骨スープに醤油ダレを加えた黒っぽい濃茶色のスープ

徳島ラーメンの特徴は、チャーシューではなく、豚バラ肉をトッピングしていることと、生卵をトッピングすることです。

豚バラ肉は、濃厚な味付けのタレで煮込んだものなので、白飯を注文して食べる人も多いようです。

濃厚な豚バラ肉と生卵と白飯、抜群の相性になること間違いなしですね。

中でも、徳島県内を中心に展開する人気チェーン店「ラーメン東大」は有名ですので、徳島県を訪れた際には、ぜひ徳島ラーメンを食べてみてくださいね。

【本場徳島の味 東大】

 

 

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

 

関連記事

  1. ジビエ料理

    野生の恵み「ジビエ料理」をいただける温泉宿

  2. 蟹

    冬の北陸で蟹を食べつくす

  3. イタリアン

    パスタじゃないの?新潟のイタリアンといえば…

  4. シードル

    2021年のトレンドになるか?次なるお酒はシードル

  5. 山菜

    5月は山菜のシーズン!初心者でも収穫できる山菜採りの楽しみ方

  6. カナルカフェ

    神楽坂の水上レストラン「カナルカフェ」でお花見を

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。