三重県の郷土料理といえば、漁師発祥のご当地ちらし寿司「手こね寿司」

手こね寿司

カツオやマグロなどの赤身のお刺身を醤油などで作ったタレに漬け込み、酢飯にのせた「手こね寿司」は、三重県伊勢志摩地方の郷土料理です。

手こね寿司は、お店によって味付けも様々です。

もともとは、漁師が漁の合間にカツオをうすく切って醤油をかけ、酢飯を合わせて手で豪快に食べたのが始まりという説と、大漁の祝いとして船主が船員にふるまったハレの日のごちそうから発展したという説があります。

また、当地では女性も海女として働くことが多く、準備に時間のかからないこの料理が定番料理として定着したようです。

現在でも三重県では宴会の席などでは、よく食べられています。

今では綺麗に薬味をかけて楽しむスタイルで伊勢志摩を代表する郷土料理になっていますが、それでもシンプルな調理法はそのままなので、新鮮な魚介の美味しさをダイレクトに味わうことができますよ。

手こね寿司は、農林水産省選定の「郷土料理百選」にも選ばれていますので、是非ご当地で新鮮なお刺身とともに、味わってみてください。

 

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

関連記事

  1. 3/3 昭和の街並みが残る「新横浜ラーメン博物館」で有名ラーメン屋のラーメンを堪能

    昭和の街並みが残る「新横浜ラーメン博物館」で有名ラーメン店のラーメンを堪能

  2. 機内食

    海外旅行に行った気分で味わって!「機内食」のお取り寄せ

  3. ステーキ

    一度は泊まりたい!ステーキが食べられる標高2220mにある山小屋

  4. 蟹

    冬の北陸で蟹を食べつくす

  5. 千枚田

    日本一美しい棚田「丸山千枚田」守られ受け継がれる日本の原風景

  6. 川床

    京都の夏の風物詩!貴船の川床で川のせせらぎに耳を傾ける

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。