世界最小の野生ネコ「スナネコ」の赤ちゃんが神戸で公開

スナネコ

兵庫県にある神戸どうぶつ王国で、先月誕生したばかりの、主にアフリカの砂漠などに生息し、世界最小の猫とされるスナネコの赤ちゃんが12月18日に公開されました。

スナネコはいつも子猫のように見える愛らしい姿から「砂漠の天使」と呼ばれていますが、神戸どうぶつ王国のウェブサイトによるとに「決してペットとして飼いたいと考えないでください」とのコメントがあります。

「かわいいから飼いたい」という人も多いようですが、牙も爪もするどく気性も荒いので、ペットとしては向いていないそう。

かわいい顔をしていても、もともとは野生の動物。

家庭で飼育できる動物ではないのですね。

今回公開されるスナネコの赤ちゃんは第二子で、8月に生まれた子どもの弟だそうです。

母親のバリーと一緒に親子での展示になりますので親子の仲睦まじい様子をぜひ見に行きたいですね。

神戸どうぶつ王国

#神戸どうぶつ王国 #スナネコ #親子 #猫 #イベント

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

関連記事

  1. 鶴岡天神祭

    東北の奇祭「化けものまつり」鶴岡天満宮

  2. 有馬温泉

    街歩きが楽しい有馬温泉

  3. 廃線

    大人のロマン「廃線歩き」古き良き時代に思いを馳せる

  4. 鬼怒川ライン下り

    大自然の渓谷美を全身で感じよう!「鬼怒川ライン下り」

  5. お花見

    桜満開!お花見キャンプを楽しもう

  6. 針供養

    2月8日は針供養の日

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。