日本一のあじさいの群生!300万輪が咲き乱れる下田公園

あじさい

伊豆下田の街並みと下田港を一望する小高い丘にある下田公園

公園の敷地は約33ヘクタールと東京ドーム7個分という広さ!

その広大な敷地を埋め尽くすように、約15万株300万輪のあじさいが咲き、斜面を多い尽くす風景は訪れた人を圧倒します。

この株数はなんと日本一!

「カシワバアジサイ」「ウズアジサイ」「アナベル」など、品種も100種以上と多彩なあじさいを見ることができます。

開花期の遊歩道は、延々とあじさいの花に彩られ、圧巻そのもの。

特にあじさい群生ポイントでは、周囲を360度あじさいで囲まれるほど咲いており、青やピンク、白などまるで万華鏡の中を歩いているような、美しいグラデーションを楽しむことができます。

園内の遊歩道を一巡りするには、1時間~1時間半ほどかかりますが、常時無料開放されているので、早朝の人が少ない時に来て静かに散策することもできます。

毎年6月1日~30日までは「あじさい祭り」が開催され、県内外から多くの観光客でにぎわいます。

あじさい祭り開催中は、毎日開国広場で賑わいの露店街が開催され、地場産品やあじさいの鉢植えの販売、ご当地料理の飲食店などが並びます。

もともと下田公園は、小田原攻めをする秀吉軍に対し、後北条家が伊豆の奥の抑えとして天正16年(1588年)に下田城を築城したもので、現在は「下田城址」として残されています。

歴史の流れを感じながら、下田城の主郭があった天守台跡まで登ると、一面あじさいのじゅうたんと、下田市街を見下ろす絶景に出会えるでしょう。

また、下田港は金目鯛の水揚げ量が日本一です。

あじさいを見に行ったあとは、おいしい金目鯛を食べに行かれてみてはいかがでしょうか。

あじさいの開花状況は下記ホームページで更新されていますので、参考にしてお出かけください。

【伊豆下田観光協会公式サイト】

 

 

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

関連記事

  1. 一碧湖

    「伊豆の瞳」と呼ばれる湖面の美しい湖

  2. ふるさと納税でコロナで被害を受けた方々を支援しよう

    ふるさと納税でコロナで被害を受けた方々を支援しよう

  3. 熱海七湯めぐり

    熱海七湯めぐり

  4. モーニングセット

    モーニングの聖地、名古屋で朝食を!

  5. 日本酒

    フランスで開かれる日本酒のコンクール「Kura Master」

  6. イタリアン

    パスタじゃないの?新潟のイタリアンといえば…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。