世界最小の野生ネコ「スナネコ」の赤ちゃんが神戸で公開

スナネコ

兵庫県にある神戸どうぶつ王国で、先月誕生したばかりの、主にアフリカの砂漠などに生息し、世界最小の猫とされるスナネコの赤ちゃんが12月18日に公開されました。

スナネコはいつも子猫のように見える愛らしい姿から「砂漠の天使」と呼ばれていますが、神戸どうぶつ王国のウェブサイトによるとに「決してペットとして飼いたいと考えないでください」とのコメントがあります。

「かわいいから飼いたい」という人も多いようですが、牙も爪もするどく気性も荒いので、ペットとしては向いていないそう。

かわいい顔をしていても、もともとは野生の動物。

家庭で飼育できる動物ではないのですね。

今回公開されるスナネコの赤ちゃんは第二子で、8月に生まれた子どもの弟だそうです。

母親のバリーと一緒に親子での展示になりますので親子の仲睦まじい様子をぜひ見に行きたいですね。

神戸どうぶつ王国

#神戸どうぶつ王国 #スナネコ #親子 #猫 #イベント

*敬称略

*写真と本文とは関係ありません

関連記事

  1. 鳴沢氷穴

    ひんやり、氷の洞窟「鳴沢氷穴」でプチ探検気分を味わう

  2. \サンタがプレゼントをお届け/クリスマスホテル5選

  3. 鳴子温泉

    一度は見たい!東北の紅葉の名所「鳴子峡」

  4. 千枚田

    日本一美しい棚田「丸山千枚田」守られ受け継がれる日本の原風景

  5. 津和野

    美しい山間の街、山陰の小京都「津和野」をそぞろ歩き

  6. 三峰神社

    関東屈指のパワースポット!三峰神社でお利益を享受しよう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。